このウィンドウは記事一覧とは別に開かれています。


第1次硝子体過形成遺残(PHPV)


投稿者: ともとも 投稿日:2004/08/26 13:27

娘の目に異常を感じたのは、生後1ヶ月もしない頃。
病名が判明したのは生後2ヶ月半、
右の目がPHPVと診断されました。(右目、光はわかる状態で、ひょっとしたら色くらいは判別できるだろう・・・と)
左目は今の所、普通の視力はあるだろうと言われ、
現在3件の病院に通って診察を受けている状態です。
ですが、もちろん、3件の病院とも方針が違い、意見がバラバラの状態で困惑気味です。
目のリハビリについてなのですが、
国立の病院では「リハビリは今は何の意味もない」と、きっぱり否定。順天堂では、アイパッチを悪い方の目を2時間、良い方の目を30分する様にすすめられ、
他の病院では、「乳幼児にアイパッチは勧められない。むしろ、いい方の目が悪くなる。」・・・と。けれど、1歳になったら、「アトロピンという薬を使って、リハビリをしましょう」・・・と。
けれど、乳幼児で?いいとされているリハビリ時間は5時までという事に対し、アトロピンを使うと2週間位瞳孔を広げるのと同時に目の調節力も奪ってしまうこと。つまり、周りが常にとんでもなくぼやけて見えてしまうという薬を使ってリハビリとは、
どんなものかと・・・。
順天堂に受診だったときに、先生にアトロピンでのリハビリについて尋ねたところ、
血相をかえて、否定されました。
親としては、少しでも良くなるという可能性があるのなら、
なんでもしてあげたいと思うのですが、
こうまでして、リハビリに対して、意見が食い違っていて、
「良い方の目が悪くなる」なんて言われたら、
どうする事もできず、
家族会議の毎日です。


この記事に続くコメント:
re(1): 第1次硝子体過形成遺残(PHPV) ぽん 2004/08/26 23:49
 ○re(2): 第1次硝子体過形成遺残(PHPV) ともとも 2004/08/27 11:22
赤ちゃんの負担にならない方針で ミミル山房 坂本 2004/08/31 01:39
 ○re(1): 赤ちゃんの負担にならない方針で ともとも 2004/09/03 01:44
  ○信頼できない場合は他の病院を探すべきでは? ミミル山房 坂本 2004/09/03 05:09

- コメント投稿フォーム -
*印が必須項目です
名 前*: e-mail:
タイトル*:
本 文*:
htmlタグは
使えません

リンク: